HOME > NEWS > 弊社設計のホームシアターシステム提案。お施主様の了承いただきました。

弊社設計のホームシアターシステム提案。お施主様の了承いただきました。

進行中の某邸には、ホームシアターを導入します。

ホームシアターのあるライフスタイルにはあこがれつつ、具体的な知識はお持ちでないお施主様に変わって、機器の選定から施工方法までご提案。

カジュアルな、活用範囲の広い迫力あるシステム提案をさせていただきました。喜んでいただいたので、微調整を加えつつ、楽しく実施していきます。(^^)/


テーマ:    寝室を兼用したホームシアター

シアター専用室を設けることは出来なかったたため、お客様の希望で没入感を高めやすい居室として寝室にてホームシアターシステムを導入することになりました。

 

提案コンセプト:    没入感のあるシアターに最適化した大画面のシステム提案。

今回の最大のテーマは「没入感」です。寝室としての機能(ゆっくり寝る。十分な収納の確保。など)を損なわないデザインと許容される予算内(今回は85万円以内)で、いかに没入感を高めるか。それには、大画面と大音響を出さなくても立体感のある音場を生み出せるスピーカー配置かなと。(^^)

 

キー提案:    クローゼット扉を完全に隠すように昇降する天井埋め込みの電動スクリーンによる110インチ大画面の提案

普段は便利に使えるクローゼットが、大画面に早替わり。これが面倒だと出番が減ってしまいますので、ここはリモコンによる電動昇降は外せませんよね。

image

アンプ提案:    シアターの臨場感を重視しするため、AVアンプはヤマハの中級上位モデルを選定

アンプは、各機器を司ると共に、人間と機械をつなぐインターフェースの要でもあります。スマホへの対応など人に優しい顔を持ちつつ、たくさんのスピーカーやプロジェクターを適切に働かせる能力を持っていなくてはいけません。また、ブルーレイディスクなどの物理メディア以外に、パソコンに保存されたコンテンツや、インターネットからの入力にも対応したものです。もちろん、ゲーム機への対応も欠かせませんね。(^^)

メインスピーカー提案:    フロント及びセンタースピーカー、サブウーハーはヤマハで統一

フロントスピーカーの二本は、省スペースと良い音の両立はもちろん、寝室でも違和感のない範囲で存在感のあるデザインをもとめました。将来のスピーカーアップグレードを見越して、スピーカー端子以外に今回は不要なRCA端子も壁内先行配線しています。

サラウンドスピーカー(4カ所)提案:    目立たないデザインの業務用スピーカー(放送用ではありませんよ(^^)。)を天井吊りで設置

音場を重視すれば壁付けの方が有利ですが、寝室での利用を考えるとジャマになりますし、壁埋込も検討しましたが、その部分の断熱欠損(断熱材が少々薄くなったり)というような本末転倒の問題がありますので、調整しやすい天井吊りのスピーカーを採用しました。

商品画像1

プロジェクタ:    エプソンのホームユース向け最上位機種を選択

プロジェクターは現在でも技術革新が進んでいる機器であり、現在の先端規格への対応と、将来的な買い換えの可能性、メンテナンス性を考慮しました。また、4Kに対応するHDMIケーブルの天井内配線をしていきます。

EH-TW8200W/EH-TW8200

天井仕上げ:    不快な共鳴を防ぐため、吸音効果のある天井仕上げを適宜採用

ベッドなどの吸音特性のある生活家具を置く事になるため、過剰な吸音特性を求めず、低コストで自然な意匠の製品を選択しました。

 

壁仕上げ:    通常のクロス仕上げに、表面が布製で寝室のインテリアアクセントとして違和感のない吸音材を適宜配置

スクリーンを下ろさない日常の寝室としての意匠性しています。

 


本格的なホームシアター屋さんや、オーディオ重視の方には、音響面をコントロールしにくい寝室との兼用には難色を示されるかもしれません。
しかし、マニアの領域にはない我々普通の建築屋からは、寝室という、寝るとき以外には稼働率の少ない「もったいない部屋」の活用は、理にかなうものです。真っ暗にするのも容易ですし。(^^)
110インチ画面で、映画を見たり、ゲームをしたり、そんな気軽な気分転換を真剣に愉しむ仕掛として、こういったカジュアルなホームシアターは暮らしを豊かにしてくれるものと思います。

 

■リビングシアターなど、よりカジュアルなシステムや、より低予算のシステム提案もさせていただきます。同予算でも、防音に重点を置いたり、ノイズの低減を目的としたオーディオ用の電源チューンなどもご相談ください。

■さらに本格的なこだわりのある場合でもご相談に乗ります。お客様ご指名のインストラーさんとの事前調整も対応します。優れたインストラーさんをご紹介することも可能です。

国土交通省認定二〇〇年住宅
案内役
サイト内検索
家づくりの心構え
萩森建設と家づくり
社長 萩森

地元に根付いて40年。 皆さんは家を「買って」いませんか? 家は「創る」ものだと考えています。 木の事はどうぞおまかせ下さい。

このページのTOPへ