--> 「はぎもりレター」発行2015/03/30 - 注文住宅の萩森建設/東三河でベストな家づくりを!
案内役
サイト内検索
家づくり・業者選びの知識
リアルに体験してみよう!
萩森建設の家づくり
NCN
社長 萩森

地元に根付いて40年。 皆さんは家を「買って」いませんか? 家は「創る」ものだと考えています。 木の事はどうぞおまかせ下さい。

HOME > NEWS > 「はぎもりレター」発行2015/03/30

「はぎもりレター」発行2015/03/30

※ご登録いただいている方、メールアドレスを交換させていただいている方に送らせていただいております。

こんにちは。萩森建設の荻野です。萩森建設の活動をダイジェストでお知らせする「はぎもりレター」です。ほぼ週刊を目指していきます。よろしく願いします。

 

<お知らせ>

|4月18日(土)14時より

|萩森建設 SE構法による「スケルトン・インフィルの設計手法」

|会場:萩森建設 事務所内

を行います。

弊社の掲げる「200年住宅」の概念には、「壊れない」というハード面の他に、「壊さない」というソフト面の対策も含まれます。建物は、ハードの寿命の前に「社会的寿命」や「経済的寿命」が先に来てしまい、結果として壊してしまうことになることもしばしばです。

「別にどこも悪くないけど、使い勝手が悪くて、暑くて寒くて、地震も心配だね。」(社会的寿命)。
「でも、それらを解消するのはお金がかかるね。建替えた方が安いんじゃない?」(経済的寿命)。

というわけです。
そうならないような設計手法が、「スケルトン・インフィル」という設計手法で、SE構造は、まさしくスケルトンインフィルに最適な構造です。
60分程度の内容になりますので、お気軽にご参会いただけるのではないかと思います。
ご興味がある方は、是非いらしてください。
なお、4月16日までの完全ご予約をお願いしています。
詳細は、後日お知らせします。
4月9日号のプラネッツ、または、弊社ホームページやフェイスブックなどをフォローください。

 

<今週のダイジェスト by Facebook>

※FBではリアルタイムで掲載させていただいています。弊社FBページをフォローしていただいている方は既出となります。

  • 既製品の玄関ドアにはない「アジ」があります。 http://t.co/mjvnNNW654
  • 住宅で配筋検査を第三者が行う仕組みが整ってきたのは、最近のことです。 それまでは、ちゃんとしているかどうかは、すべてやる人に委ねられていたのです。 悪意はなくてもミスは起こりえますから、チェックがちゃんと入るのは安心ですね。 http://t.co/AaPSDkOwbL
  • あと1週間でお引き渡しです。 吹き抜けは、 構造的にはかなり不利になりますが、うまく補って、長期優良住宅認定も取得できる、強い建物にできました。 お客さん支給品のステンドグラスもいい感じに組み込まれています。 ^_^ http://t.co/OXjYWuyww9
  • 今日はお日柄もよく、絶好の地鎮祭日和でした。 「なになに?」に、ちゃんと地鎮祭の意味を説明しています。 いつか思い出して、納得する時がきますね。 ^_^ http://t.co/HzsShAhVb5
  • ホワイト&ラウンドの美しいHarmonyは、お施主様のセンスです。(^o^)/http://t.co/ClLfXnvW5R

 

 

<編集後記>

先週末の予定が、今週頭になってしまった、「はぎもりレター」です。すみません。^^;

というわけで、ぼちぼち忙しくさせていただいている「萩森建設」です。
建築の世界は、知識の習得も大切ですが、やはり、経験によって培われることがとても大切です。
経験は、経験でしか培われませんので、ほどほど忙しくするくらいの現場数がないと、知識先行の頭でっかちになりかねません。

一方、あまり多くの現場を抱えすぎると、一つ一つの現場の経験が浅くなり、なかなか深いところまで理解するような経験にはならないこともあります。

それぞれの現場のことを考えて慈しむことができる時間をかけられる程度に、でも、こんな考え方も、あんな考え方もあるんだと、気づかせてくれる位には、豊富な現場数がある、そんなバランスがいいなと思います。

そんなわけで、今日も「萩森建設」は、ぼちぼち忙しく家づくりをしていきます。(^o^)/

このページのTOPへ