HOME > 萩森建設と家づくり > 注文住宅を作る責任 > 『安価』と『お値打ち』

『安価』と『お値打ち』

例えば、 「家族4人が住む30坪の家について、法律違反でない最も安価に建てる方法を考えよ。ただし、日常生活に支障がなければ、建築主の暮らし方や好みなどなどは考慮しなくてもよい。」 という試験問題があるとすれば、それに対する答えは、誰が解いても大体同じような答えになっていきます。

しかし、 「家族4人が住む30坪の家について、建築主の暮らし方や好みなどを考慮し、高い満足度に比較してできるだけお値打ちに建てる方法を考えよ。」 という問題に対しては、解く人によって回答は千差万別になります。 良い回答と悪い回答の差も、大変大きなものになる可能性があります。

ハウスメーカーさんなど、自社の決められた狭いルールの範囲内では、なかなか良い回答をするのは大変だろうなと思います。

弊社が注文住宅にこだわるのも、この問題を解き、より良い回答を導くためには多くの選択肢を持っている必要があるからです。できる限り広い知識と、その中からより良い選択肢を導ける審美眼と、それを実践できる技術と。

「お値打ち」とは、なかなか深い言葉ですね。(^^)

国土交通省認定二〇〇年住宅
案内役
サイト内検索
家づくりの心構え
萩森建設と家づくり
社長 萩森

地元に根付いて40年。 皆さんは家を「買って」いませんか? 家は「創る」ものだと考えています。 木の事はどうぞおまかせ下さい。

このページのTOPへ