標準仕様とは

お客様の「優先順位」と、業者の「売り」

我々注文住宅の業者は、よく、お客様に家づくりの優先順位をつけていただくことを求めることがあります。

これは、、詰まるところ、限りある予算をどのように配分しようかという意味が大きいのですが、でも、実際には、順番に関係なくとても大切にしたい要素ばかりなのが家づくりですよね。

家づくり全体で考えれば、より良いものをより安く提供したい、されたいということが大基本になります。でも、部分を見ていくと、より良いものを出来るだけ安く仕立てることと、決められた予算の中で出来るだけ良いものを選ぶこととは、ずいぶん違いが出てしまいます。

優先順位の高いものは、より良いものを出来るだけ安く提供し、そのほかのところは予算の中で出来るだけ良いものを選んでいき、結果として、少しでも良いものをより安く提供したいと考えるわけです。

ちなみに、この優先順位の上位を業者側が決めた要素がしめ、それを全面に出すと、それが住宅メーカーの「売り」となります。天然素材にこだわっているとか、地元産の木材を使うとか、○○構法だとか、免震やら制震やらその他諸々と。これらの「売り」が、お客様自身の優先度の高い要素と合致すればよいのですが。

カテゴリへ戻る
国土交通省認定二〇〇年住宅
案内役
サイト内検索
家づくりの心構え
萩森建設と家づくり
社長 萩森

地元に根付いて40年。 皆さんは家を「買って」いませんか? 家は「創る」ものだと考えています。 木の事はどうぞおまかせ下さい。

このページのTOPへ