HOME > 萩森建設と家づくり > 注文住宅を作る責任 > 二〇〇年住宅wo支えるリフォーム

二〇〇年住宅wo支えるリフォーム

家は永続するというコンセプトに対応したリフォーム

5つの約束

□今すぐ必要のないことはおすすめしません

□ついでにやるべきことはおすすめします

□構造に負担をかけることはしません

□耐久性を短くすることはしません

□長い目で見て最適な提案をします

リフォームには、

・失った機能を回復する

寿命や故障による修繕や取り替え工事を指します。

・機能低下を未然に防ぐ

外壁や木部の塗装、タイルの補修などにより、雨漏れや部材の急激な劣化など、より大きな障害の発生を、未然に防ぐために行う工事を指します。

・新しい機能や価値を生み出す

家族構成の変化で使わなくなった部屋を転用したり、耐震や断熱性能を向上させたり、好みのデザインや使い勝手に改変したりという、新しい価値を生み出すための工事を指します。

という三つのパターンがあります。

目的を明確化して、無駄な工事をしないように、必要な工事を省かないようにするのが二〇〇年住宅wo支えるリフォームです。

規模は数万円から数千万円まで内容によって千差万別ですが、基本理念は変わりません。

ご相談はお気軽にお声掛けください。

アドバイスだけで、工事をおすすめしないことも多いですが、必要のない工事をどんどんおすすめするようなことは間違ってもありませんので、安心してご相談ください。

なお、弊社リフォーム対応範囲は、弊社が新築させていただいた建物、もしくは弊社より自動車で概ね30分圏内になります。

ご相談、お打ち合わせは、各種オンライン手法(SNSやメール利用など含む)にも対応しております。ご都合の良い方法をご指定いただけます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

国土交通省認定二〇〇年住宅
案内役
サイト内検索
家づくりの心構え
萩森建設と家づくり
社長 萩森

地元に根付いて40年。 皆さんは家を「買って」いませんか? 家は「創る」ものだと考えています。 木の事はどうぞおまかせ下さい。

このページのTOPへ